2017年3月、厚生労働省より「配食ガイドライン」が公表されました。

超高齢社会において、地域包括ケアシステムの重要な担い手として配食事業者の積極的な取り組みが期待されています。2017年3月には、厚生労働省は適切な配食サービスを通じた地域高齢者等の健康支援を推進するガイドラインを国として初めて公表しています。その背景には以下が挙げられます。

【配食ガイドライン公表の背景】

  • 高齢者様の食生活改善は、低栄養対策をはじめとする日本にとっての喫緊の課題である。
  • 毎日の食事の心配や困り事を解消し、高齢者様の低栄養を「予防」していくことが重要と捉えている。
  • 地域包括ケアシステムの構築に向けては、公的医療や介護保険の活用のみならず、「保険外サービス」の有効活用が自立した生活を支えていくためには重要と捉えている。
  • 配食サービス事業者は、地域包括ケアシステムの重要な担い手として、地域や高齢者様の特性に応じた食生活改善に主体的に取り組んでいくことが期待されている。

【厚生労働省公表の各種資料】(高齢労働省のページが開きます。閲覧にはPDFを閲覧するソフトウェアが必要となります。)

コア・エージェントが運営する「配食のふれ愛 伊那店」は、高齢者の方々が住み慣れたこの上伊那の地域において、高齢者様の小生活を支援する手段のひとつとして、私たちの配食事業の果たす役割は大きいと考えております。このような国の推進を背景に、高齢化が急速に進む現代において、高齢者様の食事についても、低栄養状態を予防または改善して、適切な栄養状態を確保いただけるようにご支援させていただきます。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA