健康とは何か

配食のふれ愛 伊那店(コア・エージェント)です。健康管理士一般指導員(※)を目指す過程で得た学びを、上伊那のみなさまと共有・配信していきたいと考えております。現代では、みなさまの生活の質(以下QOLという)を向上させていくために、私たち国民一人ひとりと地域社会が連携し、健康阻害要因に対する予防を推進していかなければならないこと、日本国の取り組みの方針も「平均寿命」を伸ばすことではなく、「健康寿命」を伸ばすことを主眼としていることが背景にあります。

<共有・配信の内容>

  1. 健康管理学
  2. 生活習慣病の基礎知識
  3. 心の健康管理
  4. 生活を守る栄養学
  5. 生活環境と健康
  6. 身を守る健康知識

(※)健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級):
特定非営利活動法人日本成人病予防協会認定資格、一般社団法人生涯学習開発財団認定資格、社団法人全国産業人能力開発団体連合会優良認定講座、厚生労働大臣指定一般教育訓練給付制度指定講座。

■健康とは何か(定義)

世界保健機関(WHO)によると健康の定義は「身体、精神ならびに社会的に完全に良好な状態であることであり、単に病気や虚弱でないことにとどまるものではない。到達しうる最高度の健康を享受することは、人種・宗教・政治的信念・経済なし社会的地位のいかんいかかわらず。すべての人類の基本的権利の1つである」としています。

  • 身体=体力値が高いこと
  • 知的=適切な教育を受けていること
  • 社会=家族や地域社会、職場においても豊かな人間関係があること
  • 精神=安定していること

すなわち上記の各切り口において「バランスがとれた状態」を「健康」と定義しています。私たちは単に病気や虚弱でないことを健康として捉えがちですが、それだけではない、知的、社会、精神などさまざま切り口で良好な状態(バランスが取れている)を維持していくことが健康につながるとし、奥の深い定義となっています。もちろんその基本となる部分は「毎日かかせない食事」が密接に関わってきているわけです。

戦後の日本人は食の欧米化により、動物性のたんぱく質や脂質の摂取が増え、同時に食物繊維の摂取が減っています。時代の背景と共に変わってきている食事の内容(食材そのものも含む)も、実は私たちの健康を阻害する要因の1つとして問題視されています。過去から長きにわたる食の変化が、現在あるいはこの先何年後かの私たちの健康状態を変えてしまう要因になってしまうかもしれません。

配食のふれ愛伊那店は、食の観点でバランスの取れた食生活をご支援することで、「現在」のQOL(Quality Of Life)の改善はもちろん、「未来(予防)」のために活用いただくことも大切な役割だと認識しています。1週間のうち大半は外食または中食を利用した生活を続けているという方も、お気軽にお客様相談窓口(通話無料のご試食・配食のお申込専用ダイヤル:0800-808-8149/営業時間9:00~18:00、月~土)までご連絡を頂ければ幸いです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA