平成30年10月より、ヘルパーによる生活援助に利用回数制限。

厚生労働省から介護にかかる公的費用の抑制を目的とした告示がありました(2018年6月)。その告示の内容とは、介護で必要な場合、介護ヘルパーが高齢者様の自宅を訪問して身の回りのお手伝いをする生活援助について「1か月の利用回数に上限を設定」するというものです。介護費用で利用できるこの生活援助、ケアマネージャーと利用者(または利用者のご家族)間で相談しながら計画されるケアプラン、利用者の介護レベルにより利用頻度は様々です。この生活援助の利用による介護保険の使い過ぎを抑制することで、国の負担を減らす狙いがあります。この取り組みは平成30年10月から始めるとしています。

【厚生労働省告示内容:1カ月の利用上限は介護レベルにより設定】(※1)

 要介護1:27回
 要介護2:34回
 要介護3:43回
 要介護4:38回
 要介護5:31回

上限を大きく上回る場合は、ケアマネージャーが市町村へ届け出を行い、ケアプランを市町村で検証する。必要な場合、市町村はケアマネージャーに対してケアプランの変更を求めるとしています。

厚生労働省によると現状約49万人が生活援助を利用しており、一人当たり月平均11回、月に31回以上利用する人も2万人以上存在するといいます。さらに月に100回以上も利用するケースもあり、介護費用の無駄遣いが指摘されていたことも明らかにしています。

生活援助は介護を受けている方も受けていない方も高齢になれば必要なシーンが多々あります。援助があってからこそ自立した生活を維持できることがたくさんあります。社会保障では国の財源を圧迫するのであれば、今後益々、我々のような民間業者がサービスメニューの開発、サービスレベルを向上させて、地域のみなさまのお手伝いが必要とされてくると考えています。

ここで1つ、配食のふれ愛のサービスメニューのご紹介です。配食と同時に身の回りのお手伝いをさせていただく「3分間サービス」を提供しています。毎日顔を合わすから「高齢者様の困り事」対して積極的にお手伝いをさせていただいております。「3分間」は短いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、3分間でできることはたくさんあります。何かお困り事がございましたら、ぜひ配達員へご相談(※2)してみてください。私たち配食のふれ愛チェーンは、配食だけに留まらず、お客様との接点から広がる身の回りのサービス拡充にも日々取り組んでまいります。

(※1)6月12日時点の情報となり、記載内容が古い情報が含まれる場合がございます。予めご了承ください。
(※2)ご相談内容によりお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA